沖縄県立美里高等学校

美里高校 第14回 学園祭

9月29日(土)、30(日)

第14回 学園祭が開催されます。

今年の学園祭テーマは、

「楽しめ!今この瞬間を。のこせ最高の思い出を!」

 生徒たちが、放課後や休み時間などを

活用し、催し物をより良いものへと意見

を出し、悩んだりして一生懸命作り上げ

てきました。

是非、ご来場していただき各クラスの

取組をご覧になって下さい。

よろしくお願いします。

 

 【学園祭へのご来場の際の協力依頼】

 9月29日(土)、30日(日)に行われる第14回学園祭におきましては、

校内における安全管理・事故防止の観点から、一般来場者のお車の立入を制限させていただきます。

 ご来場の際は、公共の交通機関をご利用くださるようご協力お願いいたします。

 また、学校周辺への路上駐車につきましても、近隣地域に大変ご迷惑となりますので、くれぐれもご留意ください。

 皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

校内弁論大会

2018年7月6日(金)

美里高校体育館において、校内弁論大会が行われました。

学年弁論から選出された、学年代表7名の弁士が発表しました。

発表する側、聞く側の両方に、自分の確かな意見を持ち、

思考を深め生き生きとした感性を培い、より豊かな高校生活を考える

手立てを身につける良い機会となりました。

壇上の弁士の発表を聴きながら、緊張しながら待機している弁士です。

弁士の発表は、どれも聞きごたえのある内容でした。

集計中のアトラクションは、吹奏楽部の演奏でした。

6・23特設授業

2018年6月22日(金)

明日23日は慰霊の日です。

特設授業として、沖縄市から 伊敷 氏を講師として招聘して講話が実施されました。

沖縄市の戦前と、戦中、戦後についての講話を聞くことで、戦争と平和について

学ぶことが出来ました。

薬物乱用防止講話

2018年6月12日(火)

薬物の乱用による弊害について、沖縄県警察本部生活安全部少年課 砂川 氏による

講話が実施されました。

安易な気持ちで取り返しの付かない状況に陥らないように、真剣に考える事が

出来ました。

フィールドワーク2018

2018年6月8日(金)

フィールドワークが行われました。

1学年は「平和について考える」について、読谷村にあるチビチリガマとシムクガマで学習しました。

チビチリガマでの様子を掲載します。

チビチリガマの入口前で、ガイドの解説がありました。

ガイドの語る体験談および現在の社会情勢等の話は心に迫る内容でした。

生徒は平和と命の大切さを学ぼうと、ガイドの解説を真剣に耳を傾けていました。

生徒全員で平和への祈りを込めてガマの前で黙祷と礼を行いました。

生徒代表によるガイドへのお礼と、ガマに生徒が折った千羽鶴をお供えしました。

 2学年は「進路学習」と設定し、午前中は八重島公園のフィールドワークを

行い、午後は各専門学校・大学での学校概要説明、施設見学を行いました。

八重島公園および中部美容専門学校での様子です。

高校総体選手激励式2018

52018年5月25日(金)

県高等学校総合体育大会に出場する本校選手団の激励式が行われました。

各部からの試合に向けての抱負を述べた後に、野球部からの応援がありました。

生徒総会&総体激励会

2018年5月24日(木)

4校時に体育館で生徒総会が行われました。

最初に生徒会執行部と役員の紹介から始まりました。

生徒総会での様子です。

総会の進行は、資料をスクリーン表示しながら行っています。

生徒会予算および生徒からの要望についての議題がありました。

生徒総会終了後、高校総体激励会が行われました。

本校では、生徒全員に沖縄そばを配ります。

PTAの方々が中心となって準備を行いました。

遠足2018

2018年5月21日(水)

朝から降雨で天気が心配されましたが、徐々に天気が回復し、晴れて遠足日和となりました。

Mキャップ贈呈式

2018年5月16日(水)

朝の1学年集会で、本校PTA役員から、新入生全員に

Mキャップの贈呈が行われました。

『M』の由来は、MISATOのアルファベットの頭文字。

キャップのえんじ色は、スクールカラーです。

 3年間の高校生活を楽しく頑張ってほしいとの願いが込められています。

職業ガイダンス2018

2018年5月9日(水)

本校の2・3年生対象に5・6校時に体育館で職業ガイダンスが行われました。

業界研究セミナー『Jobチャンネル』から県内企業から2社の紹介があり、

サンエーとエイチビーディコーポレーションルネッサンスリゾートオキナワから

業界説明がありました。

2社に就職した本校の卒業生が、仕事内容の説明を行いました。

質疑応答の時間で、卒業生が生徒からの質問に受け応えていました。

アーカイブ